英語の一人称   I (ワタシ)   、この単語1つだけでは性別はわからない

私はアコギで弾き語りするのが好きだ。

 

しかし好きだからといって上手いわけではない。

(自分で言い切ってどうするっっ!)

 

<浅川マキ>の低レベルバージョンといったところだろうか。

(浅川マキ、若い人は知らないだろうなぁ・・・)

 

 

子どものころよく聴いていた洋楽をやるのが常なんだが、

56歳の私が子どもだった頃にヒットした歌は、

当然今となっては懐メロ。

 

つまり私のレパートリーにはイマドキの歌がないっっっ・・・(涙

 

 

 

 

 

 

ま、それはさておいて・・・

 

洋楽(英語)の歌詞があって、そのなかに

ただの一度も

<I>(ワタシ) がでてこない歌はごくまれである。

 

日本語の歌なら、

僕、俺、とくれば男性。

私、あたし、とくれば女性。

とすぐにわかる。

しかし<I >とか <YOU >だと

前後の文脈を読まないと性別が特定できないのだ。

 

 

 

 

 

たとえば、

 

***ボクにはキミが必要なんだ~~~~~***

 

というフレーズから始まる歌があるとしよう。

 

 

日本語なら、

キミ、と呼びかけられている人物の

性別は特定できなくても、

少なくとも語り手の、ボク、は男性であろうと想像できる。

 

歌いだしのフレーズだけで、男性目線の歌であることがわかる。

なので、無意識に補完しながら歌詞を理解してゆくことができる。

 

 

 

しかし、

 

***I  NEED    YOU ****

 

から始まる歌だと、

この一文だけでは

二人の性別がわからない。

 

つらつら聴いていくうちに、やっと

<I>と<YOU>の性別がわかってくるのだ。

 

 

 

 

ところが、最後まで聴いても

<I>の性別がはっきりと語られていない歌もある。

つまり、一つの歌を一つの物語だと考えると、

主人公が男性でも女性でも、どちらでも成り立つという

不思議なことになるのだ。

 

 

例えば、

ジエームス・テイラーの  <YOU’VE GOT A FRIEND>

ベッド・ミドラ―の    <ROSE>

なんかは、<I>は男性でも女性でもいいと思う。

(この二つの歌の場合は、<YOU>も男性でも女性でもいいと思う)

(古い歌しか思い浮かばなくてごめん!知ってる??)

 

 

もちろん、作詞者は I を、男性もしくは女性と決めて書いているんだろう。

 

性別はどっちゃでもええねん、

 

なんてことはない。(たぶん??)

 

 

 

 

 

 

しかし、あまのじゃくな私は、

そんな歌を、少し違った解釈で歌うことがたまにある。

 

 

 

 

 

例えば・・・・、

イーグルスの往年の名曲、<デスぺラード>

(ふ、古い!!  知ってる??)

 

でーすぺらー

わい どんちゅ かむ ちゅ よ せんせー

ゆびん あう らいど ふぇんしーず  

そー ろん なーう・・・・・・

 

 

なんてな歌詞なんですが、

 

ざっくり要約すると、

<desperado>(はみだし者、ならず者、ちんぴら、・・)

に対して、<I >という人物が

 

そろそろ、かたぎの生活をしろよ、

もう若くもないんだから・・・、

 

と説教する歌。

 

 

 

この<desuperado>と呼びかけられている人物は、

もう若くはないんだから・・、というフレーズがあることから考えると

歳は、たぶん30代半ばくらいかな。

 

そして、歌詞中で説教している人物<I>が 、相手に対して

boy,と呼びかけているので、

この<desuperado>なる人物は男性であり、

<I>は<desuperado>よりはかなり年上なんだろうということが

わかる。

 

そして、

<I>は、例え話としてトランプ博打の話をしたりするので、たぶん

教師や牧師などといった職業に就いているわけではな

く、やっぱり似たような境遇にいる人物で、

自分のようにならないようにと、諭してるんじゃないかと思う。

(あくまで私の勝手な推測だが・・・)

<I>が男性であるということが示されるフレーズは

どこにもでてこないのだが、

<I>が<DESUPERADO>の友人、知人、だとすると

やはり<I>もまた男性であると考えるのが自然だろう。

 

 

 

 

私はこの曲がとても好きなんだが、

自分が歌う時は、

あえて少し違ったイメージで歌う。

 

 

<I>を、場末の酒場の初老のマダム、に設定。

 けばい化粧とくたびれた顔、でっぷりした体型、

自分の人生はなかばあきらめていて、

でも、まだ人にアドバイスする優しさはあって・・・、

 

カウンターで飲みつぶれてる<desuperado>,

にむかって、タバコなんかふかしながらしんみりと

語りかけてるわけです。

 

 

 

 

 

これも、<I>の性別がはっきりとは示されていないからできる解釈。

 (まあ、かなーり強引な解釈ではあるが)

 

 

 女性シンガーが歌ってると、<I>は女性、

男性シンガーが歌ってると、<I>は男性、

と、無意識に思ってしまいがち。

でも、英詞の場合、

どちらでも解釈が成り立つ歌というのも意外にあるもんなんです。

 

 

 

さて、あなたの好きな洋楽、

その歌にでてくる<I>はあなたが思いこんでる性別でしょうか・・・・?