私の好きなベーシスト!!!

なぜか私は、ベース弾き、ベーシストが好きだ!

4人編成だろうが、大所帯だろうが、インストバンドだろうが、

とにかくベース弾きに目がいってしまうのである。

 

ベースのあの低音が好きなので、

必然的にベーシストがかっこよく見えるのだろう。

 

今は弾き語りがしたくてアコギを弾いているが、

もしも楽器を演奏するだけだとしたら、

迷わずエレキベースを選んだと思う。

 (そして、あまりの重さにすぐ挫折してただろう)

 

 

 

 

 

私が好きなベーシスト二人

 

私はベースに関しては全くの素人なので、

技術的な上手い下手は、よくわからない。

(もちろんみんなプロなので、上手いにきまってるが)

単に、ミーハーなファンとしての感想なので

あしからず。

 

 

 

 

まずは、

ナニワエキスプレスの、清水興さん!!!

 

(シミーーー!!!)

もうベースかまえて、立ってるだけでカッコイイ。

わりと大柄なので、ベースを腰のあたりで弾くのが

もう超カッコイイのだ!

 

私の知る限りでは、日本で3番目にカッコイイ60代男性!

(いや、このさい1番でもいいんだが・・・)

 

スキンへッドにトレードマークのかぶりもの、

あのグルーブ感がスゴイ、しかも・・・・・

 

 

って、ねえ、ついてきてる?そこの少年よ。

 

え・・?清水興なんて知らないって?

 

あ、そ、そうなんだ・・・・

 

もちろん年輩の人なら

知ってるーーー!、って人も多いよね、うん。

 

 

一時、夜な夜な某動画サイトでナニワの演奏を

聴きまくってた。

50づらさげた、いい大人が

真夜中、ヘッドフォンをして、パソにかぶりついて

ノリノリで聴いてた。

かなりアブナイ図だな・・(笑)

 

mcもよし、演奏もよし、ルックスもよし!

(外見に関しては、単に私の好みであるというだけで

 ひとによっては、意見の分かれるところかも)

 

 

ソロもすごいんだが、

私はむしろ、ギターや鍵盤がソロをとってる時、

バックで淡々とリズムを刻んでる演奏が、なんかしらんが

とてもとても好きなのだ。

 

自分は一歩下がって、

気持ちよくソロを弾かせてやろうという、

そんなシミーの優しさを感じるのだ。

 

自分が魅せるところと、引くところ、

とてもよく考えてるカンジで

さすが歳の功!!(もともとの性格かも?)

 

絵になるベーシストだな、うんっっ!!

(ひとり納得してるヤツ)

 

 

 

 

 

 

さて次は、

オカモトズ、の ハマ・オカモトくん

 

彼のことは知ってる人も多いかも。

 

ダウンタウンの浜田さんの息子さん。

やっぱり親子、声やしゃべり方なんかそっくり。

 (ハマくんは関西弁では話しませんが)

 

彼は、シミーとは対照的で

小柄で、まだ20代。

小柄だから、ベースも胸のあたりでかまえる。

丸太をかかえた木こりの少年みたいな

体勢で弾く。

 (どんな体勢やねん、たとえがわかりにくいわっっ!)

 

シミーが腰で弾くタイプだとしたら、

ハマくんは肩で弾くタイプかな。

 (ちなみに、今はもう解散したバンド、東京事変

  でもベースを弾いてた亀田誠治さんは、ひざで弾くカンジ)

  

  

 

ハマくんが演奏しているのを初めて見た時、

 

あ、この人はかなり上手いんじゃないか、

と思った。

 

小柄な体格にあった位置でベースをかまえてい

たからだ。

で演奏は、あんのじょう上手いっっっ!

(と、思う・・・・)

 

このオカモトズという4ピースバンドは、

一般的な4ピースバンドと比べて

やけにベースの音量がでかい気がする。

ベースの低音を愛するワタクシとしては、

理想的なバランスなんである。

 

で、彼はかなり攻撃的な攻めのベースを弾く。

このバンドの楽曲のアレンジ自体が、

わりと派手にベースラインをうごかしているものが

多いこともあって、なおさら彼のベースが際立つ

私好みのバンドなんである。

 

 

 

 

真面目に上達を目指すなら、

弾いてる時の見た目のカッコよさよりは、

ハマくんみたいに

自分が一番その楽器を操作しやすい体勢で弾くべきなのだ。

 

 

ベース弾きの少年達に告ぐ!

キミが小柄なら、間違ってもレッド・ホット・チリペッパーの

ベーシストのフリーの真似をしてはいかんっっ!

 

彼もどちらかといえば小柄なほうだが、

あのスタイルは彼だからできるのである。

(彼がどんなスタイルで弾いているのか分からないなら、

  ネット検索してみてね)

 

 

つらつら書いたが、要するに

超個人的な、ベース大好き!!!、というお話でした。

 

 

私が主に洋楽ばかり唄う理由

日本の曲にもいい歌はたくさんあります。

しかし56歳の私にとっては、

今どきの流行りの歌はどうにもとっつきが悪い。

 

どうしても自分が聴いて育ったような曲が

やりたくなるのです。

そうすると私の場合は必然的に、

一昔前の洋楽がほとんどということに。

 

しかしこれはいい傾向かも。

50づらさげたオンナが、イマドキのJポップ、

 

<となりどうし、あなたとわたしサクランボ***>

とか

恋するフォーチュンクッキー、****>

とか、とか、とか、

 

ギターかき鳴らしながら唄っている図は

かなーり恐いっっ!!

 というか、もはや迷惑防止条例にひっかかるレベルだ!

 

 

 

 三つ子の魂百まで

 

一番最初に私が手にした洋楽の

レコードは、モンキーズ。(たぶん1970年ごろのこと)

なぜモンキーズを知ったかというと、

当時テレビでモンキーズが主役の30分番組が放映されていたから。

小学生だったので親に買ってもらったのでした。

 

その後、中学生になりはじめて自分のおこづかいで

買ったレコードが、カーペンターズ

エスタデイ・ワンス・モア。

 

カーペンターズに関しては、どんな経緯で知ったのか今思うと不思議だ。

レコードジャケットをみて、

なんて顔の似た二人だろうと思った。

兄妹のデュオだとは知らなかったのです。

 

どうやら私はこどもの頃からすでに洋楽に興味があった

ようだ。

 

 

 

思春期の刷り込み

中学生になり、

定期試験の前になると

よく深夜ラジオを聴きながら

半泣きで付け焼刃の勉強をしてた。

 

なぜか洋楽がよく流れてた気がします。

音源がラジオなので、当然視覚情報はなく

純粋に音楽だけを聴けたことが

良かったのかも。

それが洋楽に親しむ機会を増やしたのでした。

 

 

 

そしてなぜか妹も洋楽好きで、

彼女も中学生くらいになると

やたらと洋楽のレコード(まだCDがなかった)を

買うようになり、ついついいっしょになって聴いてたのです。

 

マイケル・ジャクソン(まだ整形前で、ダンゴ鼻のかわいい少年だった)

ビリー・ジョエル(オネスティーがヒットしてた)、

アバ、 ベイシティーローラーズ、・・・・

なつかしい顔ぶれ。

 

妹が、youtubeなどない当時

いったいどこから洋楽の情報を手に入れていたのか

今思えば不思議。

 

 

 

 

 

なんだかんだ言ってみても

自分がなぜ主に洋楽ばかり唄うのか、

あれこれ分析してみたが、

結局のところ

 

**なんか好きだから**

 

ということかな。

 

ものごとや人が、嫌いな理由はわりと説明しやすいけれど、

好きな理由を説明するのは

意外にむつかしいもんだな。

 

改めて考えると人間って

自分のことが分かってるようで分かってないもんだね。

 

ひとくちに洋楽といっても、

いろんなジャンルがあるが、

私はどうやらスコティッシュ、ブリティッシュ、系統の

ルーツをもつ楽曲やシンガーが好みのようだ。

 

この話は、またの機会に。

 

 

 

 

あなたがギターを始めたきっかけは?

唐突ですがFコード、弾けます?

え?  弾けるの?(うらやましい!)

 

アコースティックギター歴13年、私はいまだに弾けないっっ!

(力をいれて言うことではない)

 

 

 

 

ギターを始めた理由はなんですか?

人それぞれに

色々な理由があると思います。

 

 

そこのキミ、キミは、ギターが弾けたら女の子にもてるかも

というささやかな下心もあって、

高校生になったのをきっかけに

軽音部に入部したんだよね。

 

 

 

 

で、そちらのお譲さん、あなたは、

仕事帰りに週一でアロマテラピーの教室に

通い始めた友人に触発されて、

自分も何か習い事を始めてみようと思いたち・・・・・

 

 

 

 そして、あなた。

毎日飛び込みの営業にあけくれ

人の三倍くらいのスピードで靴がすり減り、

殴りたいほどむかつく店主に愛想笑いする日々に

心底嫌気がさしはじめた入社5年目のあなた。

 

仕事帰りに一人わびしく

閉店時刻も近い定食屋で、アジフライ定食を食べていたら

店に置かれた、うっすら油汚れがついたテレビから流れてきた曲。

 

あなたはふと顔を上げた。

ギター弾きながらスガシカオが、夜空のムコウを歌っている。

歌詞が胸に刺さる。

そう言えば彼は元サラリーマン・・・・・。

 

 

 

 

 

 と、まあ人の数だけきっかけはあるのでしょうが、

 

 

 私がギターをはじめたきっかけは

それまで通っていたパステル画教室がなくなったから。

これだけだと何のこっちゃわかりませんね。

 

 

詳しく話すと・・・

もともと、絵を描いたり服をリメイクしたり

アクセサリーを作ったりするのが好きで、

ようするに自分の脳内イメージを

具体的に形にする作業が好きだったのです。

 

 

で、パステル画教室にも楽しく通っていたわけなんですが、

先生の都合でその教室が閉鎖されることになったのです。

 

 

それからしばらくたっって

またムクムクと何かを創りたくなり

こんどは音楽でもやろうかな・・と。

 

 

もともと楽器を演奏することが好きで

高校生のころはブラスバンド部で

クラリネットを吹いていました。

 

なので管楽器はもういいやと思い、

ピアノもほんの二年ほどだけですが習ったことがあり

たいして楽しくなかったので

鍵盤楽器ももういいや、となり

残ったのが弦楽器だったというわけです。

 

 

 

で弦楽器としては一番ポピュラーな

ギターを買うにいたったわけです。

 

一人で弾き語りができたらいいなと思ったので、

アコギを買うことにしました。

 

 

 

いきなり高価な(あくまでも私にとって)ギターを

買ってもすぐにあきるかもしれないと

一抹の不安が胸をよぎり、

私はネット通販で格安ギターを買うという

暴挙にでたのでした。

 

 

その楽器については何の知識もないど素人が、

ネット通販のほうが安いギタがー見つけやすいんじゃないかと

いう、アホみたいなしかし切実な理由で

必死に検索してやっと一本のギター

を手にいれたのでした。

 

 

 

 

8000円!!!

ええ、8000円!!!のギター!!!

 

しかもギターを弾くためには

チューナーやら、ピック、ストラップ、カポタスト

といった諸々が必要だという知識すらなく、

ほんとにギター一本だけを買ったのでした。

 (弾く前には必ずチューニングしなければならなことすら

知らなかった!)

 

 

 

そして後日、その8000円のギター、

音がどうにもおかしいと思い

(そりぁおかしいわけです、なにしろ

 チューニングされてないんだから)

 

近所の楽器屋さんに持ち込んだとき、

店員さんがそのギターをしげしげ見つめて言った。

 

店員「これ、いくらくらいしたんですか?」

 

私「8000円です」

 

店員「8000円・・・ですか?」

 

私「はい(なぜ質問されているのかわかってない)」

 

店員「今どき、ハワイの土産物屋のウクレレでも

   3000円はしますよ!(やけに具体的)

   どこで買ったんですか?」

 

私「ネット通販です。(なぜかちょっと自慢げ)」

 

店員「ああ、ネットですかどおりで・・・・。

   (妙に納得した様子)」

 

私「あの、何か・・・・?」

 

店員「申し上げにくいんですが、これはもはやギターと呼べる

   しろものではありません。作りが雑すぎます!!

   とりあえずチューニングはしておきますが・・・・」

 

私「あ、ありがとうございます・・・・」

 

 

 

帰り道、私の頭のなかで

ウクレレ3000円、ウクレレ3000円、と

店員さんのコトバがむなしくリフレインし続けたのでした。

 

 

そして数ヶ月後、私は結局もう一本ギターを買ことになります。

ヤイリのドレッドノート、67000円なり。

 

 

その時思いました、

これがギターの音なんだっっ!!なんていい音!!

その時聴いた6弦、E,の音に感動しまくり。

 

そして、その感動が私に13年ギターを弾かせてきたのです。

 

 

もちろんそのギターは

今も愛用していますよ。

 

 

 

 

 

Fが弾けない、アコースティックギター初心者におすすめの洋楽名曲5選

あなたは、少ない予算しか用意できない自分を恨みつつ、

どんなギターを買うか、今まで生きてきたなかで5番目くらいに

真剣に悩んだ。

 

あげくに某質問サイトに書き込みして、

あまりにも多種多様なアドバイスが返ってきたので

よけいにわけわからん状態に陥った。

 

そして

なかばやけくそで、闇鍋に箸をつっこむ思いでやっと一本の

ギターを手にした。

 

 

おそるおそる練習を始めてみた、

 

G、C、D、E、Am、Em,

このくらいは押さえられるようになった、

 

オレ(ワタシ)って、上達が早いほうなんじゃね?

 そろそろなんか一曲くらいは弾けるかも?

 

練習を始めて二ヶ月くらいたった時、

あなたはうっすらとこう思い始める。

 

しかーし、ここであなたは恐るべきFの壁にぶち当たるのです。

何度かFを押さえようと試みたあなた、

練習を始めて1週間、ついにあなたは叫ぶのです、

 

「こんなん絶対無理やっ!!弾けるやつのほうがおかしいんやっっっっ!!」

 

 

 

 

そこで、

初心者でも弾き語りができる

Fコードがつかわれていない洋楽名曲5選

(あくまでも私の個人的な意見です)

 

 

ジャンバラヤ

 使用コードは、

C・Gのみ

 

カーペンターズの往年のヒット曲、

若い人の中にはカーペンターズといっても知らない人も

いるかもしれませんが、

アップテンポでとてもノリのいい楽しげな曲です。

 

しかし、歌詞をうまくリズムに乗せるのがなかなか難しいかも。

歌い手がもう一人いて、あなたがギター伴奏だけをするのなら

演奏自体の難度はぐっと下がると思います。

 

 

 

 

 ②コンドルはとんで行く

使用コードは、

Em、G、C、の3つ

 

サイモン&ガーファンクルの代表曲の一つで、

 哀愁をおびたメロディと、二人の美しいハーモニーが

マッチした印象深い曲。

 

 コード進行は①と同様に単純ですが、

一人で歌うなら、コーラスが入らないぶんバッキングパターン

を少し工夫すると、曲にふくらみがでてよいかも。

アルペジオで弾けるならなおよし。

 

 

 

アメイジング・グレイス

使用コードは

G,C,D7、の 3つ

 

 クラシック系のシンガーも歌うことの多い

曲で、もはやトラディショナルソングと化した

超有名曲。

 

スローテンポなので、テンポキープが

大切。一人で弾き語りする場合は、ギター演奏よりは

歌の音程をきちんととることに神経をつかう曲かも。

 

もしもあなたが、テンポがよれたり音程がずれがちならば、

シャッフルビートでやると少しブルースっぽくなり

その欠点がわりと目立たなくなることがあります。

 

ただしあなたがウイーン少年合唱団にはいれそうな美声の

持ち主ならば、残念ですがブルース風には聞こえませんので

このアレンジはあきらめてください。

 

 

④オールドラングサイン

使用コードは

G,D7,C、Em、の4つ

 

途中何度かB7がでてきますが

もし弾けないならD7で大丈夫です。

 

日本では<蛍の光>というタイトルで知られています。

デパートやスーパーなどで、閉店時間になると流れてくる

あの曲です。

私がこどものころは、卒業式の定番ソングでした。

 

しかし実は別れの曲ではなく、

スコットランドの準国歌で、

歌詞の内容は、過ぎた日々をなつかしみつつ飲もう、

というもの。

 

この曲も、欲を言えばバッキングよりはアルペジオ

しみじみやりたいところですが、シンプルなバッキングで

淡々とやるのもありでしょう。

 

 

 

⑤セイリング

 使用コードは、

G,Em,C,A,D,Am,の6つ

 

 イギリス出身の世界的ロックシンガー

ロッド・スチュワート(2017現在で72歳!)のヒット曲です。

1975年リリース、彼の数あるヒット曲のなかでも

日本では最もよく知られた曲でしょう。

 

スローテンポで、覚えやすいメロディーライン、シンプルな

コード進行。

バッキングよしアルペジオよし、どちらでもそれなりに

まとめることができます。

 

ロッドの声はかなりハスキーで、彼を知っている人なら

一瞬聞いただけですぐに彼の声だとわかる特徴のある声。

 

なので、あまりオリジナルに寄せようとしすぎると、

声質まで無意識にまねようとしてしまいがちになるので、

へたなモノマネにならないように気をつけてください。

 

ちなみに、私が初めてギターで弾き語りしたのが

この曲でした。

 

 

 

 

以上5つの楽曲を紹介しましたが、

もしあなたの興味をひく楽曲があれば

とりあえずはネット検索して聴いてみてください。

 

 なお、上記コードは今私の手元にある楽譜からひろったものなので、

同じ楽曲でもキーやアレンジの違う楽譜なら

使用コードも違ってくるので、

ご了承ください。

 

Fが使われていない名曲もいろいろある、

というお話でした***

 

 

 

Fが弾けなくてもギターは楽しい!!

13年ですよ、13年!

何を隠そうギター始めて13年!(べつに隠さなくていいんだが)

 現在56歳。

 

たいていの人は、ひとつの事を13年もやれば、それなりに上達するもんだと思う。

なのに、しかるに、にもかかわらず、なんかわからんが、私はいまだにFコードが

弾けないのである。

 

 あなた、Fコードって知ってます?

ギターなんてさわったことないというかたのためにざっくり説明させていただくと、

「ありえへんやろ、こんな左手の形!だれやねん、こんなムチャな押さえ方

考えた奴!!手つるわ!」

というコードフォームです。

 

 

もう今となっては、いつか弾けるようになるとは全く思えなくなっている。

 

 

教則本について

ええ、買いましたよ、何冊も。

「あなたも二週間で弾き語りができる」的な教則本をね。

でね、その内容たるや、ちょっと奥さん(誰?)聞いてくださいよ、どれもかなーり

すごいのよ。

 

ある本なんか、一日にここまで、と定められているペースで習得していくと、初めてギターを手にしてからなんと四日目でFが弾けるということになってた!!

 

確かに書かれているとおりのペースで習得していければ、理論上は四日目でFが

マスターできることになるんだが、そんなことできるやつおらんやろっっ!

 

生まれて初めてギター持ってから四日目でFが難なく弾けるようになったという人がいたら、ギネスに申請してみては?

 

 

もしも今あなたが、ギターを買って習い始めたいと思っているなら、このFコードを押さえるという行為がいかに非人間的な左手の動きを要求されるかということをあらかじめ認識しておく必要があります。

 

 

ためしに本屋さんに行った時に、この手の教則本を立ち読みでいいので(よくないか)

パラパラめくってFコードとは左手がどんな形でギターの弦を押さえているのかを

見てみてください。

 

 

あなたの脳が本に載っているFコードのフォームを認識するのに2分、

あなたが自分の左手をそれに近い形にすることができるまでに2分、

そしてあなたがその左手の形を見て

「んなアホな!!」と絶叫するまでに2秒。

 

この「んなアホな!!」を乗り越えられないまま今にいたっておるワタクシ

であります。

 

 

 では私は13年何をしてきたのか

F以外にも、左手の人差し指で1弦から6弦までをいっきに全部押さえるいわゆる

バレーコードはいくつもあります。

ギターがある程度弾きこなせるようになるには、このバレーコード

をマスターする必要があるのです。

 

 

では、Fが弾けないまま私が13年も何をしてきたのか?

 

その答えは、

 

 

 

その答えは、

 

 

 

その答えはですね(ボブ・ディランかっ!)、

 

 

 

 

要するにFがでてこない楽曲ばかりを弾いてきたということです。

言い替えれば、Fに代表されるいわゆるバレーコードが弾けなくてもそれさえ出てこない楽曲を選べば、それなりに弾けるようになるのです。

 そして、それなりに弾けるようになると、

それなりに楽しいのだ、うん!

 

なぜあなたがその曲を選んで演奏しているのか、

その理由は聴いている人にはわからない。

Fコードが出てこないから・・・、

というなさけない理由であなたがその曲をチョイスしたことなど

言わなきゃ誰にもわからないことなのです。

 

 

素人の趣味程度なら、

最初のうちはFのない楽曲ばかり弾いて自分が楽しんでればいいのだ。

そうこうしてるうちに、さすがに手詰まりになってくるので

(まさしく、今の私がこの状況・・・・(涙  )

そしたら、ぼちぼち真剣にFにとりくめばいいんじゃないかな。

(なーーんてことを考えてたら、13年も経ってしまった!)

 

 

 

 

 

古今東西名曲といわれ愛されている楽曲には、意外と単純なコード進行

のものが多いのです。

 もちろん、Fが出てこない楽曲もいろいろある。

 

誰にでもわりと簡単に弾けるコード進行になっているということが、名曲の名曲たる

所以である、と私は言いたいっ!(負け惜しみっぽいな)

 

 今はFが弾けなくても、それなりにギターを楽しんでます。